『うがい』【主夫マンガブログ – 004】

日時 投稿:2021年9月8日 更新:2021年9月9日 カテゴリー ごはパな毎日

アイキャッチ

うがい

次女、うがいを練習中。
最近もう少しまともに(!?)できるようになりました。
ガラガラするのが一番むずかしいかな…!
口に入れた水を出すというのが
第一ステップ!がんばれ!!

・・・

うがい薬はいつも薬局の安いやつを選んでるんですが、
調べてみると、成分が微妙に違ってて、用途によって使い分けたほうが良さそう!

■ 風邪予防などウィルス対策なら茶色い「ポビドンヨード」
■ 喉の痛みや腫れがあるときは「アズレンスルホン酸ナトリウム」
■ 高い殺菌力で予防と治療を兼ねた「塩化セチルピリジニウム」
(参考:市販のうがい薬おすすめ10選)

一般的な「ポビドンヨード」、
風邪気味のときによく使う喉プッシュは「アズレンスルホン酸ナトリウム」。
この2つは知ってましたが、
「塩化セチルピリジニウム」って知らなかった…!
マウスウォッシュ系…かな?
うがい薬に含まれてるやつはこちら。

コロナの症状でも喉痛があるので、
風邪かどうかの切り分けは結構難しいですが、
万一のときのために
そしてこれからの季節に備え
それぞれ準備しておいてもよさそうですね♪

これから一段と肌寒くなりそうですが
風邪の季節、みなさまご自愛くださいませー!

(追記)ポビドンヨードなどヨウ素系うがい薬の使用に関する注意点

ポビドンヨードなどヨウ素系うがい薬の使用する際は以下のことに注意してください。
1)口腔内で数秒、うがいをするのみで、飲み込まないでください。
2)甲状腺機能異常をおこさないヨウ素系うがい薬の安全な使用頻度と使用期間については現在明らかではありません。
5~6 日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止してください。
3)甲状腺の病気のある方、甲状腺の病気にかかったことのある方は特に注意が必要で
す。使用前に医師,薬剤師に相談しましょう。
(日本人女性の約 20%は慢性甲状腺炎(橋本病)をお持ちという報告もあります)

新型コロナウイルス感染症へのヨウ素系うがい薬の使用についての見解
日本甲状腺学会, 日本内分泌学会, 日本内分泌外科学会
http://www.japanthyroid.jp/public/img/news/20200807_ugai.pdf







トップへ