衣笠丼と木の葉丼って何が入ってるんや土曜日〜2016年05月07日のウチごはん

日時 2016年5月7日 カテゴリー ごはパな毎日

https://blog.fujii-web.works/wp-content/uploads/2016/05/egg-72285_1280-1024x786.jpg

久しぶりに親子で丼屋さんへ。
京都の丼には、よく衣笠丼木の葉丼ってあるんですが、違いが分からん。
というか何が入ってるのか分からんw
ので、あんまり注文したことがありません(^_^;)w

衣笠丼(きぬがさどん)とは、甘辛く炊いた油揚げと九条葱を卵で綴じ、ご飯に乗せた丼ものである。京都発祥のご当地丼と呼ばれるが、中身は大阪などで食されている狭義のきつね丼と同じであり、厳密には京都固有の呼び名である。
(引用:wikipedia

木の葉丼(このはどん、このはどんぶり)は薄く切った蒲鉾と青ねぎを鶏卵で綴じた丼物である。蒲鉾とねぎ以外にはシイタケやミツバなどを入れる。石川県ではこれを玉子丼と呼ぶ飲食店が見られる。
(引用:wikipedia

衣笠丼(≒きつね丼):油揚げ・ネギ・
木の葉丼:かまぼこ・ネギ (しいたけ・みつば)

↑ですね。
なんか油揚げの方が木の葉っぽいんですが、かまぼこなんですね(^_^;)w
なんかいい覚え方ないかなぁー

・・・

ちなみに今回頼んだのは、親子丼とお蕎麦でした。
炭水化ぶニズム!!


関連する記事



ほぼ日絵本




トップへ