【ペアトレード】EU圏のインフレ率が上がってるのでEU50とUK100のペアトレード【投資アイデア】

日時 投稿:2021年9月3日 更新:2021年9月3日 カテゴリー 投資

アイキャッチ

先の投稿と同じく、
ペアトレードアイデアの共有です…!
ダンさん、わたし、(氏なない程度に)いっぱい練習して
頑張って魚の釣り方覚えるよ…!

昨日の高橋ダンYouTube動画を見てると
EU(ヨーロッパの国々)の話題が多かったように思えます。

ユーロ圏インフレ率、8月は3%に急上昇-10年ぶり高水準
(2021/08/31 | Bloomberg
European stocks mark best winning streak since 2013(”欧州株、2013年以来の連勝を記録)
(2021/09/01 | FINANCIAL TIMES
9月は危険?ユーロ圏の相場 | Dan Takahashi 高橋ダンより》

ECB、9月会合で危機対応措置の縮小議論すべきだ-ホルツマン氏
(2021/08/31 | Bloomberg
「この」銘柄はまだ下落する、テーパリング影響 | Dan Takahashi 高橋ダンより》

EUも米国と同様、金融引締に動くかなぁー
という内容でした。

ということで、
EUの株式相場も荒れそうなので、
ペアトレードを仕込んでおきたいと思います…!
先の米国のSPY-NDKと同じ感じで考えてみました。

EU50_UK100

★EU50とUK100の相関係数が高い
★UK100の上昇率よりEU50の上昇率の方が高い
★EU50/UK100のMACDも上昇しはじめた!?

△ドルインデックス( DXY )とEU50/UK100の正の相関がまあまあ高い
(テーパリング開始後の利上げ(ドル高)にも耐えそう…!)

EU圏はたくさんの国で構成されていますが、
GDPの高い順に
ユーロ全体,ドイツ,イギリス,フランス

4つの指数だけ確認するようにしています。
(イタリア,スペインは流動性が低いのか、手数料が高いので手を出さないようにしてます^^;)
イギリスはEUから抜けてますが、EU圏の国との相関係数は(まだ)高いです…!

米国の方のペアトレードと相関係数が高いのがちょっとあれですが、
いい感じに雇用統計乗り切ってくれるといいなぁ♪

EU50_UK100

・・・

いろいろ調べていて、
ドイツの経済力が日本に追いつきつつあるのではないか…!?
と少し心配になりました^^;
まだ人口が日本の方が多いですが、
ドイツはEU圏諸国からの人口の移動が容易だったりするので
スッと抜かれちゃったりするのかなぁ…

うーん、日本円がますます心配…!!!!


よろしければ、他の「ウチのおかね」の記事もどうぞ♪

ウチのおかね

自己投資 節約 投資






トップへ