【ペアトレード】雇用統計前にS&P500を売ってNASDAQを買う。あと投資をはじめたきっかけとか。【投資アイデア】

日時 投稿:2021年9月2日 更新:2021年9月2日 カテゴリー 投資

アイキャッチ

高橋ダン師匠の魚の釣り方を会得するべく、
日夜投資の勉強をしております。

今週金曜日に雇用統計を控えているので、
あまり無茶な投資は控えておこうと思っています。
今は相場が静かですが、
急にバツンと来ると怖いですしね…^^;
でもぼちぼち円安にもなりそうなので、
何かしら投資しておきたい…

こんなときこそ、ペアトレード!

ペアトレードでは、常に二つの銘柄をセットで売買します。
片方を「買い」もう片方を「空売り」しておくことで、
相場全体の動向にかかわらず、利益の追求を目指します。

活用例5:信用取引だからできるペアトレード | マネックス証券

ダンさんの動画でも度々登場しています。

ペアトレード

初心者向け動画はこちら。

・・・

いろいろ投資手法を試してきましたが、
このペアトレードが割と自分にあってるように思えますー
ずーっとパソコンの前にいれるわけではないので、
相場が静かでも荒れても放っておける状態を作れるというのが
とても気に入っています♪

さて、金曜日の雇用統計を前に市場が荒れることが予想されます。
世界の相場が動くとは思いますが、
やはり雇用統計が発表される米国に注目すべきでしょう。

いくつか米国の経済指数がありますが、
概ね同じ方向に上がったり下がったりしています。
…が、全部が全部同じ方向にというわけではありません。
方向性が同じだけど、ちょっとずれてる組み合わせを見つけ出して
買いと売りに同じ金額を投資しましょう。

結論から言うと、
★S&P500とNASDAQの相関係数が高い
★S&P500の上昇率よりNASDAQの上昇率の方が高い
★ドルインデックス(DXY)とS&P500/NASDAQの正の相関が高く、
テーパリング開始後の利上げ(ドル高)にも耐えそう…!
で、S&P500売り – NASDAQ買いのペアトレード
良さそうかなーと思います。

NASDAQとS&P500は相関係数高い
DXY上昇にも耐えられるのか!?

TradingViewでは
株だけでなく仮想通貨や金利など
いろんなものをチャートで見れて、
相関係数もすぐ表示できる。
四則演算を使って自分で考えた指数を
表示できるのも私の好きなポイントです♪

・・・

最後に。
投資は自己責任です!
どうか自己判断でお願いします!

私が投資を本格的始めたきっかけは
昨年の給付金でした。
こんなアホみたいなお金を配りまくって
日本円の価値が下がるんじゃないのか…

これは実際にそのとおりになりました。
お金の価値が下がって、
住宅や株の価格が軒並み暴騰。
みんなが給付金をもらって
浮かれている中、
私は本当に怖くなりました。
家計を預かる身として
この状況を看過できない…!

これまで投資はギャンブルと信じ込んで、
あまり手をつけてきませんでした。
でもそれは間違いでした。
誰かに任せられない。
自分の家族は自分で守りたい。

ニュースや相場もしっかりチェックして
毎日投資の勉強もして
マネーリテラシーを上げて、
今後第2第3の世界危機が起こったときに
冷静に対処できるように
したいと思っています。

それでは良い投資ライフをー♪
おウチのお金を守ろうー!!


よろしければ、他の「ウチのおかね」の記事もどうぞ♪

ウチのおかね

自己投資 節約 投資






トップへ