お七夜(おしちや)と初七日(しょなのか)を間違える水曜日〜2016年03月02日のウチごはん

日時 2016年3月2日 カテゴリー ごはパな毎日

https://blog.fujii-web.works/wp-content/uploads/2016/03/ファイル-2016-03-02-21-49-48-1024x1024.jpeg

Facebookにて出産報告をした際に、友人に指摘されたんですが、お七夜(おしちや)と初七日(しょなのか)を間違えてた!w

ここで、それぞれの定義を見てみましょう。

お七夜(おしちや)とは誕生から7日目の夜に赤ちゃんの健やかな成長を願って行うお祝いである。
(引用: wikipedia

中陰法要(ちゅういんほうよう)とは、大乗仏教で行われる法要の一つ。
死後7週間(49日間)供養することで、極楽に往生できることを願い、七日毎に追善供養を行う。
最初の七日目を初七日、次の七日目を二七日、以下同様に三七日、四七日、五七日、六七日となり、七七日(四十九日)を満中陰という。

(引用: wikipedia

まとめるとこうです。

生後7日:お七夜
死後7日:初七日

娘「私、死んでないよ?えっ、何?ここ死後の世界??」

・・・

結構前から間違えて使っておりまして、親族とかにも「初七日に命名式します!」とか言ってしまってて恥ずかしい(^_^;)ww
今後気をつけよう!w

・・・

それはそうと、命名式として色紙に名前は書いたのですが、足型とか手型とかとるのを忘れてたなー
お宮参りのときにでもとろうかな♪
記念大事!記念!!


関連する記事



ほぼ日絵本




トップへ