名古屋の地名を見て小学校のとき転校した友達を思い出す木曜日〜2016年01月28日のウチごはん

日時 2016年1月28日 カテゴリー ごはパな毎日

https://blog.fujii-web.works/wp-content/uploads/2016/01/dodgeball-313429_1280-1024x682.jpg

最近無駄に忙しくて、お料理記事が更新できずにおります。ごはんパーティーです。
忙しいことはなぜこうも重なるんでしょうね(^_^;)w
また時間に余裕ができたら再開します!!w

昨日は名古屋に行ってきました。
名古屋に一人で行くのは初めてでして。
ウチの近くに高速バスが走っているので、初めて利用しました!
高速バスには座席ごとに電源がついていて、割と便利でした♪
料金も、新幹線の半額以下で行けて満足です( ´∀`)
時間は4倍かかりましたが(^_^;)w

・・・

さて、名古屋駅に着いて、地下鉄に乗っていると、地名が気になるわけで。
まずは伏見駅というのが名古屋駅のお隣にありまして。
ウチは京都市の伏見区なので、こう、「パクリやん!」と思ったり。
幕末の鳥羽伏見の戦いの伏見は京都市伏見区の伏見なので、名古屋の伏見はパクリでいいと思うんですよね。はい。

・・・

つーっと地下鉄の駅名を見ていくと、千種(ちくさ)という駅名がありまして。
そういえば小学校のとき、「千種くん」っていたなぁと思い出しました。
小学校1,2年生で同じクラスでして、体がスゴく大きかったのでよく覚えています。
家も近かったので、一緒に帰って、公園で遊んだりして。
ドッジボールがすごく強くて、ウチの兄貴といい勝負をしましたねー( ´∀`)

転校の理由が「柔道の強い学校にいく」っていうのが幼心によく分からなくて。
親の意向があったのか、転校のときは少し寂しそうな顔をしていたのを記憶しています。

今思えば、小学校低学年で将来を見据えて学校を変えるって、なかなか難しいことですよね。
子供の意向・親の意向・第三者の意向など、それぞれの思惑があり、親の下した最終決定を子供に納得させないといけない。
なるべく子供の意向を尊重しようとしても、やむない事情で転校する場合とかあると思うので、多少なりとも子供を傷つけてしまうんですよね。
この歳になって、子供をもつ親の気持ちが少し分かったような気がしました。

千種くんもどこかで頑張ってるかなーと思う今日このごろでした♪


関連する記事



ほぼ日絵本




トップへ