きんぴらごぼう〜ごぼうの定番料理を作れるようになりたい!!

日時 2015年9月29日 カテゴリー 調理する

https://blog.fujii-web.works/wp-content/uploads/2015/09/720-1024x768.jpg

はじめに

ゴボウ料理といえば「きんぴらごぼう」という風潮。
なんでや工藤。

・・・

まぁ、料理名に「ごぼう」って名前入ってるし(^_^;)

「きんぴら」とは、せん切りにした材料を植物油で炒め、砂糖・醤油で煮て、唐辛子で辛味をきかせた料理のことで、語源は、江戸の和泉太夫が語り始めた古浄瑠璃のひとつ『金平浄瑠璃』の主人公「坂田金平(さかたのきんぴら)」の名に由来するとのことだそうで。

日本料理の中でもポピュラーなものの一つですよねー( ´∀`)
ゴボウと人参と板こんにゃくが余っていたので、こんにゃくも入れますー

材料(2人分)

ごぼう 1本
人参 1本
板こんにゃく 1枚
醤油 大さじ1
めんつゆ 200ml
料理酒 大さじ2
みりん 大さじ2
ごま油 大さじ1
砂糖 小さじ1
唐辛子(あれば) お好みで

調理器具

包丁・まな板 食材を切る用
ザル 食材を洗う用
食材を煮る用
ピーラー 食材の皮をむく用

調理方法

  1. ごぼうをよく洗い、土を落とします。
    ピーラーで皮をむきます。

    P1070557.JPG
    P1070558.JPG
    P1070559.JPG
  2. ささがけにして水にさらします。

    P1070100%.JPG
    P1070561.JPG
  3. こんにゃくは5mm程度の厚さに切ります。

    P1070562.JPG
    P1070563.JPG
  4. こんにゃくの真ん中に切り込みをいれ、くりんとします。

    P1070564.JPG
    P1070565.JPG
    P1070566.JPG
    P1070567.JPG
  5. 人参はごぼうの大きさに合わせて、細切りにします。

    P1070568.JPG
  6. 人参・ごぼう・こんにゃくの順に熱した鍋で炒めます。
    (このとき敷く油はサラダ油で大丈夫です。)

    P1070569.JPG
    P1070570.JPG
    P1070571.JPG
  7. 火が通ったら、調味料を加えます。

    P1070577.JPG
    P1070578.JPG
    P1070579.JPG
    P1070580.JPG
    P1070581.JPG
    P1070582.JPG
  8. しばらくふたを閉めて煮詰め、汁気がなくなれば完成!
    お好みで唐辛子などを加えてください!

    P1070583.JPG
    P1070585.JPG

評価

満足
節約
簡単
栄養
オススメ

最後に

きんぴらはなんとなく長持ちするイメージがありますが、「醤油」の効果でしょうか?
薄味で作っていると、あんまり長持ちしないので、たくさん作る場合は濃い目で作ることをオススメします!

あと、少量酢を加えると、後味さっぱり、長持ちもして一石二鳥です♪
お好みもあるので、味見しながら加えてくださいねー( ´∀`)ノシ

参考URL


関連する記事



ほぼ日絵本




トップへ